Web拍手

web拍手、メルフォのお返事はこちらです。
いつもありがとう!

 

はじめに

 

相互リンクありがとう

相互リンク先のサイトです。
すてきな小説を書かれているので
是非そちらにも訪問してみてくださいな。

  • ドラクエ+α
  •  

    blogpet


     

    Comments

     

    Trackback

     

    Mail

     

    BBS

    BBS変えました。前のはこちらです。

     

    語り手

    ローレシアの王子 カイ (31)
    サマルトリアの王子 ナオ (33)
    ムーンブルクの王女 ユキ (26)
    未分類 (2)

     

    記事(上に行くほど新)

    ナオ65.放浪の果てに。
    ユキ64.月のかけら。
    ナオ63.テパの朝。
    カイ62.山奥の街へ。
    ユキ61.雨露の糸。
    ナオ60.いらっしゃいませぇ。
    カイ59.コスプレ男。
    ユキ58.一番星になって
    ナオ57.何してたの?って聞いてみた。
    ユキ56.魔道士の杖。
    カイ55.強すぎる。
    ナオ54.祈りの指輪。
    ユキ53.専用の。
    カイ52.怪しい老人。
    ナオ51.逃げ出してしまったんだ。
    カイ50.ヤミ。
    ユキ49.ペルポイでお買い物。
    ナオ48.世界樹。
    カイ47.抜けない。
    ユキ46.ちんどんやになりました。
    ナオ45.怪しい神父。
    カイ44.複雑。(50expressions-16)
    ユキ43.タシスンの犬。
    ナオ42.強い者が好きだ。
    カイ41.時事ネタも書きます。(パラレル)
    ナオ40.地図を広げて。
    カイ39.ぱぷぺぽ係、初仕事。
    ユキ38.どうして(50expressions-23)
    カイ37.まいったな(50expressions-29)
    ナオ36.任命。
    ユキ35.取引。
    カイ34.竜王の城にて。
    カイ33.お隠れになりました。
    ナオ32.ラダトームの城では。
    カイ31.ゆらゆら。
    ナオ30.無理してない?
    ユキ29.北へ行こうらんららん。
    カイ28.ドラゴンの角。
    ナオ27.砂漠を越えて。
    ユキ26.遠回りの理由。
    カイ25.内緒話。
    ユキ24.次の目的地はどこ?
    ナオ23.風の吹く塔。
    カイ22.呪文かぁ。
    ナオ21.サマルトリア魔法フェスタ。(パラレル)
    ナオ20.だってぎゅーだよ。
    カイ19.王女の威厳。
    ユキ18.ありがとう。
    ナオ17.ぼくがやらなきゃ。
    カイ16.調子が狂う。
    ナオ15.もっと強く。
    カイ14.ラーのかがみ?
    ナオ13.認めたくないけど。
    カイ12.何を見たとしても。
    ユキ11.きみ、ひとりなの?
    ナオ10.かわいいなぁ。
    カイ9.ムーンペタへ。
    ナオ8.ローラの門を通るぞ。
    ユキ7.兵士との出会い。
    ナオ6.銀のカギの洞窟。
    ユキ5.ここはどこだろう。
    ナオ4.いやーさがしましたよ。
    カイ3.ったく、どこほっつき歩いてるんだあのアホは。
    ナオ2.夜逃げのように出発。
    ユキ1.ムーンブルク陥落。

     

    素材をお借りしました

    • タラタラツクリ
    • REAL TIME
    • あずきフォント

     

    参加同盟・DQ関連リンク

     

    検索

    ブログでレベルアップ

    命は明日枯れるかもしれないと思えば 今という瞬間の重みを知るだろう
    ラーのかがみ
    スポンサー広告
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ムーンブルクの王女 ユキ
    90.声が聞こえる。

    「これを見てごらん。
     ぼくが君のことをもとの姿に戻してあげるよ」


    「え?」
    沼から町に戻ったとき
    不意にあのときのナオの台詞が耳に蘇った。

    キョロキョロと辺りを見回しても誰もいない。
    当たり前よね、ナオはここから遠いベラヌールにいるんだもの。
    「…あれ?」

    うなされていた姿を思い出して、ちくりと胸が痛んだ。
    ナオが望んだこととは言え、やはり付いていればよかったと思う。

    「ユキ…ベホイミ使えるんだ…すごい」
    「…え?」

    また声が聞こえた気がした。
    憧れたような、諦めたようなまなざしと共に。
    「…どうしたのかな私。ちょっと変」
    さっきから頭の中にナオの声が響く。

    「ユキ…ぼくたちは仲間だよ。
     ずっと無理してなくても、愚痴こぼしたり泣いたりしてもいいんだよ」


    何で?
    何でこんなに思い出すの?

    もう一度立ち止まって辺りをぐるりと見回す。
    やっぱり誰もいない。
    カイも宿に戻ってしまった。

    「ユキ、ここは僕が食い止めるから、カイをつれて逃げるんだ」
    まただわ。

    怒涛のように頭の中にナオの言葉たちが流れ込む。
    いつも優しかったのに、
    いつも気にかけてくれたのに、
    ナオは私のこと見つけて助けてくれたのに、
    私はナオを助けることができなかった。

    どうして私はあの時、ナオを残して立ち去ってしまったんだろう。
    青白い顔で洞窟に横たわるナオの姿がはっきりと目の裏に浮かんだ。
    後悔に目の前がじわっと滲んだ。

    「…何かあったのかもしれない」
    たまらなく会いたくなった。
    胸が締め付けられるようにぎゅっと痛んだ。

    ぐいっと袖口で目をこすると
    村の入口に立つ小屋が目に入った。
    金のカギがかけられた扉の奥に何がいるのか気になるけど
    カギはナオが持っている。

    手を伸ばせば開けられそうな気がした。
    今は無理でも、近い将来そうなるという確信に満ちた予感。
    でも。何故かそうしちゃいけない気がした。

    「ここはあとでナオに開けてもらうのよ」
    誰にともなく呟いた。

    「…帰ろう」
    宿ではカイが待っている。早く戻らなきゃ。

    「一番星になって、お空の上からずっと見ててくれるんだよ」
    あれは…そうだ。昔言われた言葉。
    何の気なしに空を見たら、夕暮れの空にぽつんと光る星があった。
    「…一番星だ…」
    いつもは親しみを込めて眺めるその星から不意に目をそらしたくなって
    ぎゅっと目を閉じた。
    俯いて宿への道を急いだ。
    管理者にだけ表示を許可する
    Top
    http://dq2.blog14.fc2.com/tb.php/97-de9f6f79
    <<サイト引越しします。 | HOME | 89.呪いの言葉。>>
    copyright © 2005 もっち all rights reserved.

    Template By innerlife02

    RSS1.0 ,
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。